水道修理と蛇口のタイプ

自宅で発生する水のトラブルの中でもしばしば業者などにも持ち込まれるのが、蛇口からの水漏れです。蛇口でもいろいろとあって、吐水口で起きるトラブルもあれば、ハンドルの下など場所によって原因も違ってきます。もし実際に起きた場合、まず自宅の蛇口のタイプを把握しておくことです。

■新築で多いシングルレバー

レバーが一つだけついていて、それを上下に動かすことで水量、左右に動かすと水温を調節できるタイプの蛇口を使っている家庭も多いでしょう。このようなタイプの蛇口をシングルレバー混合水栓といいます。近年のトレンドになっていて、新築や築浅の物件で取り付けられることは多いです。レバー一つで水量と温度の調整が簡単にできるので、利便性に優れています。


■築古のハンドル混合水栓

もう一つの蛇口のタイプとして、ハンドル混合水栓があります。水道のところに冷水と温水の2種類のハンドルが搭載されているのがこのタイプの特徴です。冷水と温水の量を調整して、適温を自分で作らないといけません。築古の物件で採用されていることが多いです。自分で温度調整するのは面倒ですが、内部の構造はシンプルで壊れにくいですし、いざ修理する場合もそれほど手の込んだ作業は必要ないです。



■まとめ
もし蛇口で水漏れが発生している場合、自分の住宅のタイプについて把握しておくことです。簡単なトラブルであれば、自分で修理できることもあります。しかしもし自信がなければ、水道業者にお願いしたほうが無難です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ