水漏れの修理依頼で水道業者を呼ぶ際の注意点

自宅のどこかで水漏れが発生したら、とりあえず水道業者に連絡するのが一般的です。この水漏れ 修理の依頼をする前に注意すべきことがいくつかあります。以下でそのポイントについてみていきますので、いざというときの参考にしてみてください。

■まずは元栓を閉めること

もし水漏れが確認できたら、水道の元栓を閉めます。特に蛇口やトイレで問題が発生している場合、最初に行うべき作業と心得ておきましょう。もし流出量が多いとマンションなどの集合住宅の場合、階下に被害の拡大する恐れがあります。その結果、多額の賠償を請求されることもあり得ます。そうでなくても無駄に水道料金を支払うことになるので、住宅内部の水の流れを止めてしまうことが有効です。

■業者に連絡する前に

元栓を閉めたら、水道業者に連絡して自宅に来てもらうように修理依頼します。ここで注意しなければならないのは、深夜や早朝でトラブルが発生した場合です。日中であれば基本どの業者でも対応してくれます。しかし夜間だと対象外のところもあります。何時から何時まで営業しているか、ホームページなどを見て確認しましょう。


■まとめ
水漏れのトラブルは、時間帯関係なくいつでも発生する恐れがあります。特にトイレで問題が起きると使用できなくなり、大変不便です。もしトラブルが起きたのであれば、これ以上の被害拡大をせき止めるために元栓を閉め、業者に速やかに連絡することです。問題が起きるとパニックになる人もいるでしょうが、冷静になって上の流れを実行しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ