配管からの水漏れで水道修理前の応急処置法

配管からの水漏れの場合、水道 評判のいい業者に連絡して修理をお願いするのが一般的です。しかし水道業者を呼んでも、すぐに駆け付けてくれるとは限りません。その間に被害拡大する恐れがあるので、できる応急処置を講じるように心がけましょう。

■目に見える配管ならテープで応急処置

配管の中には、シンクの下など目に見える箇所もあります。もしこの部分で水漏れが起きているのであれば、補修テープを巻き付けて応急処置をするのが有効です。ちなみにテープはホームセンターなどに行くと、数種類販売されています。もし近くに店舗がなければ、通販サイトで取り寄せることも可能です。テープを貼り付ける際には、きつめにぐるぐる巻きつけておきましょう。それでも漏れ出す恐れがあるので、雑巾やバケツなどをその下に置いておきましょう。

■目に見えない箇所のトラブルの場合

配管は床下や天井も走っています。ここで水漏れが起きると、もはや自分たちでは対処できません。この場合、元栓や止水栓を止めることです。給水管は水道を使っていなくても水は流れ続けています。水の流れを止めて、これ以上の漏れを食い止めることが大事です。特に床下や天井はカビやシロアリなどの発生を誘発し、二次被害の恐れもあるのでできるだけ早急に対応しましょう。

■まとめ
配管の水漏れ修理については、専門業者にお願いするのが無難です。しかしスタッフが来るまでに自分でできることは、紹介したようにいくつかあります。応急処置を施すことで、被害を最小限に食い止められる場合もあるので、迅速に行動することです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ